日和崎尊夫さんの蔵書票

日和崎尊夫さんの蔵書票

日和崎尊夫さんによる蔵書票「読書するピエロ(仮題)」に関するいきさつを書いた拙文が、1995年11月1日発行の『蔵書票ジャーナル』第8号に掲載されています。内容は以下のとおりです。

日和崎尊夫さんの蔵書票

10年ほど前(1985年頃)になるでしょうか、日和崎さんに蔵書票を作ってもらう機会がありました。日和崎さんの作品については、昭和48(1973)年頃の朝日新聞に連載された「新動物誌」の挿絵以来、大変興味を持っていましたので、早速お願いすることとしました。
蔵書票を依頼してから3年程(1988年頃)が過ぎても、なかなかくだんの蔵書票が出来てきません。遠く高知に住む日和崎さんに失礼を承知で手紙を書きました、「私の蔵書票は、いつごろできるのでしょうか」と。日和崎さんからはすぐに電話があり、「蔵書票は作るから安心しろ」と土佐訛りで話されました。作家からの直接の電話に私は驚きましたが、蔵書票が送られてくるのは間違いないと思い、安心して気長に待つことにしました。日和崎さんからはその後、高知名物の鰹節を送っていただいたり、ある年の正月など、「元気ですか。うまい酒どうも有り難う」と、すこしお酒の入った状態で突然の電話をいただいたりしました。平成3(1991)年「鑿の会」展が銀座で開かれたときお目にかかりお話しましたが、その時も「蔵書票は作るから」と土佐訛りで約束されました。
日和崎さんが亡くなられたことを知りましたのは、いつだったでしょうか。木口木版画を戦後我が国で復活させた作家であり、柄澤齊さん、栗田政裕さん等、現在活躍中の木口木版画家に大きな影響を及ぼした日和崎さんと会えなくなってしまいました。そして私は日和崎さんにお願いした蔵書票のことは諦めてしまい、いつしか忘れてしまっていました。
それから再び3年が過ぎ、1995年7月に高知県立美術館で回顧展をやるという知らせが日和崎雅代様から届きました。柄澤さんの講演・実演も企画されていて、高知行きを強く思いましたが、時間がとれず涙ながらに諦め、図録を送ってもらうことにしました。届いた図録を見ていますと、日和崎さんが作られた私の蔵書票が、いきなり目の中に飛び込んできました。大きなローソクの灯の下で、ピエロがお酒を飲みながら本を読んでいる図柄です。私はびっくりしました。これは何だ、どういうことなんだ。私はこの蔵書票の存在をそれまで全く知らないでいました。日和崎さんは私との約束をきちんと守り、蔵書票を作られていたのです。「江副君、蔵書票はちゃんと作ったからね」と、その蔵書票を通して日和崎さんが語っているようでした。日和崎さん、大変ありがとうございました。版木があるので、いつかこの蔵書票が私の手元に届くことがあるでしょう。その日が来るのを今から楽しみにしています。そして届きましたら早速その蔵書票を、この図録に貼ろうと思っています。本当にありがとうございました。■

私は高知の美術館の図録を見てすぐ、私の蔵書票の版木を捜してくださいと、雅代様にお願いの手紙を書きました。彼女からは、美術館員にお願いして捜してもらいましょう、と返事が来ましたが、それっきりなしの礫でした。

それから10年以上経った2007年9月、私が結核で入院中の病院に、日和崎雅代様から、蔵書票の版木が見つかり刷りを柄澤さんにお願いしているという短い内容のお便りと、一緒に届いた『 – 雅なる きみのちぶさに 芽はふきぬ - 日和崎尊夫句集』を、カミサンが病院まで届けてくれました。私が大変喜んだことは言うまでもありませんが、詳しい内容がわからないまま、50日の入院生活を終え10月31日に退院しました。自宅に帰り着くや否や直ちにパソコンのメールを開いたところ、たくさん溜まっていたメールの中に、何と私が入院した日に届いた1通のメールから、今回の物語が始まりました。遣り取りしたメールの内容は次のとおりです。


江副章之介さま
蔵書票奇譚
高知で個展があり、3日ほど現地に行って昨夜帰って来ました。久々に日和崎尊夫のアトリエ白椿荘を訪ね、雅代夫人にも会いました。その折、江副さんから蔵書票の話を伺っていたのを思い出し、訊いてみたところ、刷ったものは一枚だけあるが、版はないとのこと。アトリエには大量の版が保存されているのですが、みな同じような形、おまけにインクでまっ黒で、よくよく見てもどの絵の版が判りません。たまたま蔵書票や年賀状など小さな版を何十個と入れた籠があり、懐かしさからなにげなくいくつかを手にとって見ていました。

するとそのなかの一つに、なんとEZOEと文字が読めたのです。一枚だけの江副さんの蔵書票を出してもらい、比べるとドンピシャリ。発見しました! 夫人もびっくりしていましたが、無理もありません。素人目に見分けがつくようなものではないのです。たまたまぼくが江副さんの仕事をした直後だったので、それを感じた日和さんが導いてくれたのかもしれません。

本人が刷った一枚だけは、やはり夫人の手元に残すべきと思い、版だけ預かって帰ってきました。夫人は事情は分からないものの、代金を頂戴しているようなので、申し訳なく思っていた。もし柄澤さんが刷ってお渡しくださるなら、よろしくお願いしますとのこと。これもご縁。よければ亡き師匠の代わりにぼくが刷りますが、何部というような約束はされていましたか。

一部だけの刷りから判断しても、まだ試刷りの段階の版と思います。彫りは浅く、時間もたって版にたわみがあり、かならずしも良好な刷りが取れるとはかぎりません。お気持ち、お聞かせください。

9月13日 柄澤 齊


柄澤 齊さま
何と言うことでしょうか。版木の発見に、大変感動・感激しております。柄澤さんが書いておられるように、柄澤さんを通して発見できるように、日和崎さんが力を貸されたのではないでしょうか。本当にありがたいことです。20年以上前に注文しましたが、いつ頃作られたのか分りませんが、版木の状態が余り良くないようですね。しかし是非ほしい蔵書票です。かなり以前になりますが、柄澤さんとのお話で、「日和崎さんの蔵書票の版木が出てきたら、摺ってあげるよ」と言われた事を思い出します。その時には、このようなことが実現するとは全く思ってもいませんでしたが、本当にあるのですね。

1995年11月1日発行の『蔵書票ジャーナル第8号』に、「日和崎尊夫さんの蔵書票」というタイトルの拙文が掲載されています。日和崎さんに蔵書票を頼んだこと、電話を頂いたこと、平成3年に開催された「鑿の会」で会ったこと、高知の美術館での回顧展の案内と図録を日和崎雅代さまから頂いたこと、図録に私 の蔵書票が掲載されていて驚いたことなどを書きました。そして最後に、「・・・私はこの蔵書票の存在をそれまで全く知らないでいました。日和崎さんは私との約束をきちんと守り、蔵書票を作られていたのです。『江副君、蔵書票はちゃんと作ったからね』と、その(図録の)蔵書票を通して日和崎さんが語っているようでした 。日和崎さん、大変有り難うございました。版木があるので、いつかこの蔵書票が私の手元に届くことがあるでしょう。その日が来るのを今から楽しみにしています。そして届きましたら早速その蔵書票をこの図録に貼ろうと思っています。本当に有り難うございました。」と書きました。それから12年後に、その夢が実現するの ですから、とても不思議で仕方がありません。何か大きな力を感じます。今回柄澤さんが高知に行かれなかったら、実現がもっと先に伸びるか、あるいは実現しなかったかもしれません。版木が見つかったばかりではなく、柄澤さんに摺っていただけるなんて。日和崎さんの彫りで柄澤さんの摺りという、こんなに幸せな蔵書票はこれまで聞いたことがありません。枚数は50枚だったかと思いますが、もし可能でしたら、70枚お願いしたいのですが。どうぞよろしくお願いいたします。

ところでご返事が大変遅くなってしまった事を深くお詫びいたします。9月13日出勤途中、東京医科歯科大学付属病院で健診を受けましたところ、「結核」と診断されまして、着の身着のままの状態で、隔離病棟に直ちに入院させられました。結核菌を他人にうつさない状態になるまでの50日間、ただひたすら薬を飲み続けていました。そしてやっと昨日退院してきました。パソコンを持ち込もうとしましたが、会社からの連絡が入り、仕事をするようでは養生にはならない、ということで、外部との接触も断たれた50日間でした。面会も家族だけ。急激に減った体重を増やすために、それほど美味いとは言えない病院食を、薬だと思いすべて完食しました。お陰で体重も入院時より2.5キロ増え、2ヶ月以上と言われた入院も早めに退院できました。しかし今後も4ヶ月間薬を服用し、2年間保健所のチェックを受けることとなっています。そのような訳で、このような素晴らしいお話もやっと昨日詳しく分った次第です。柄澤さんからのメールと入院した日が同じ9月13日と言うのも、偶然とはいえ何か不思議な感じがします。

ところで、柄澤さんによる蔵書票の制作の件ですが、大変お忙しいことと思いますが、是非お願いいたします。条件は以前いただきましたメールの内容で結構です。もし宜しければ「了解」のご連絡を下さい。
退院して初めて、風に当たり秋の気配を感じました。季節を感じることは素晴らしいことです。以上、気持ちが高ぶり、大変長い内容となってしまいました。

11月1日 江副 章之介


江副章之介さま
メール拝読。なんと、結核で入院されていたとは!!!
ご返事がないのでパソコンの故障か、それとも長期の海外旅行にでも出られているのかと思っていました。辛い日々だったとお察ししますが、それはさておき快癒、ご退院、おめでとうございます。

さて日和さんの書票の件。
ぼくはあいかわらずの多忙に輪をかけて、この10日あたりから開始が遅れていた新聞の挿絵連載がスタートします。しばらくは余裕がなくなるので、まだ手の空いているうちにと思い、先日書票を刷ってみました。薄い版をプレスにかけるのはおっかなびっくりでしたが、工夫して思いの外良好な刷りが得られました。35部を刷り、うち25を黒で、10を茜がかった赤で刷りました。紙はこれも日和さんのアトリエに残っていた和紙の端切れです。彼が頼んで漉かせたとてもいい紙です。紙の寸法は出てきたまま。そのほうが絵に合っているのでわざと耳付きの不揃いにしてあります。当面、それ以上を刷る余裕がないので、残部はいずれ時間に余裕のあるときに刷るということでご了解ください。刷ったぶんは明日郵便で送ります。
ぼくの書票のご依頼ですが、お引き受けします。ただし来年。どのあたりになるかは未定ということで……。

11月1日 柄澤 齊


日和崎さんの35枚の蔵書票が届いたのは、それから間もなくのことでした。それらは柄澤さんが普段刷りに用いている雁皮紙に丁寧に包まれていました。嬉しくて雁皮紙を開く手が思わず震えてしまいます。黒と赤のインクで刷った、待ちに待った蔵書票です。机上に黒・赤の蔵書票を載せ、虫眼鏡でじっくりと見ました。細かい線描が私の目の中に飛びこんできました。当たり前のことですが図録のとおり、テーブルの横に大きなローソク台を置き、その灯の下でワインを飲みながら読書しているピエロの姿と、それらを取り囲むようにして、大きなEX LIBRISの文字、S.EZOEと彫られた魚の形をした板、それに6個の花々が細かくデザインされています。くだんの図録と雅代様から送っていただいた『日和崎尊夫句集』に、早速私がこの蔵書票を貼ったことは言うまでもありません。私はこの幸せをじっくりと嚙み締めながら、いつまでも蔵書票を見つめていました。

以上が日和崎さんの蔵書票が私の手元に届くまでの経緯です。注文してから20年以上の歳月が過ぎていましたが、師弟関係のお二人の手によるこの蔵書票は、自票の中でも大変印象に残る且つ自慢の一点となりました。

江副章之介
(日本書票協会通信 No.151 2010.4.1.掲載)

(この文章には、柄澤齊さんと私、江副の私信の遣り取りが入っています。発表するに当たり、柄澤さんの許可を得ていることを記しておきます。)

ホームページ開設のお知らせ

私が主宰いたしておりますひとり版元「レイミア プレス」は2007年2月に船出し、これまでにアルフォンス イノウエさん、坂東壯一さん、林由紀子さんの作品を中心として11冊の書籍を出版してまいりました。

これらの書籍は、版元独自の宣伝媒体を持っていなかったために、ワイアートギャラリーの樋口佐代子さん、ギャラリーロイユの大月佐保子さん、スパンアートギャラリーの種村品麻さん、古書きとらの木虎秀信さん、古書肆マルドロールの故・小山富士子さん等のご厚意により販売をしてまいりました。

以前から独自のホームページを開設したいという思いを持っていましたが、心身ともに不活発な後期高齢者の仲間入りをし、かつアナログ的思考から抜け出せないためになかなか第一歩が踏み出せないでいました。

ところが昨年来の新型コロナの蔓延により気ままな外出ができなくなり、長いステイホーム状態が続く中、時間的余裕ができました。これを機会にホームページ作成に取り掛かろうと一大決心をした次第です。 この作成にも田中栞さん(日本豆本協会会長)や機織鳥さん(MARUMIZU-GUMI講師)の大いなるご協力を得ながら、そしてファビコンとヘッダーは版画家の宮島亜紀さんに創っていただきながら、やっとこの度の開設にたどり着いたような次第であります。

このホームページではレイミア プレスで出版した書籍を、出版に至るまでのエピソードなどを混じえてご紹介いたします。加えて、私が趣味としております蔵書票とルリユールについてもご紹介したいと思っています。これまで発行した書籍のご注文を受け付けるほか、これから発行する書籍についてもこのホームページで皆様にお知らせいたします。

ホームページのURLは以下の通りです。アクセスしていただけるととてもうれしいです。
URL ⇒ https://lamia-press.com/
これからも皆様に喜んでいただけるような美しい書籍の発行に精一杯努力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

2021年初夏
レイミア プレス 江副章之介

蔵書票を貼りましょう

蔵書票を貼りましょう

私が蔵書票を知ったのは学生時代でしたから、かれこれ30年以上前になりますが、実物を初めて見たのは昭和53(1978)年10月、東京は銀座のミキモトホールで開かれていた日本書票協会主催の「現代日本の書票展」でのことでした。 (さらに…)

限定本創作の楽しみ

限定本創作の楽しみ

1995年春、小平市鷹の台駅前の松明堂ホールで、版画家の柄澤齊さんの著書『銀河の棺』刊行記念の木口木版画展が開かれ、4月29日には柄澤さんと詩人の渋沢孝輔さん、装丁家の高麗隆彦さんの3名による「詩・版画・装丁」と題した座談会が催されました。多くの人たちが興味深く座談会を聞いていましたが、私はこの会場で大家利夫さんに初めてお会いしました。

紹介してくださったのは武者統夫さんです。武者さんは当時蔵書票の世界に少し足を踏み入れておられましたが、本来は書物のほう、特に限定本に対する造詣の深い方で、以前から随分教えられることの多い、書物に関する私の先輩です。
座談会のあとのパーティもそこそこに、大家さんは初対面の私を自宅兼アトリエに連れて行ってくれました。そして大家さんの作品等を前にして、武者さんとともに限定本の装丁についていろいろな話をしてくださいました。もともと本が好きだった、というよりも本狂いだった私は、お二人の話を夢中になって聞いていましたが、目から鱗が落ちることが度々ありました。
その中で一番印象に残ったのが、「本は自分で作るものだ」という言葉です。「自分で作る」といっても、私は製本に関して勉強したこともないし知識もないので、できるわけがありません。これはどういうことだろう、とそれからしばらく考えました。そして自分なりに結論付けたのが、「自分で製本できなければ、自分の好きな本の製本を企画して、専門家に作ってもらえば良いのではないのか」ということでした。

それからは、自分の本棚に並んでいる色々な本を見る目が変わってきました。すなわち、専門家に製本を頼むとするならば、どの本にするか、という観点から本を見るようになったのです。製本にはそれなりの時間とお金がかかりますし、誰に頼むか、ということも大きな問題となってきます。私の知り合いで製本をやっている人は極めて少なく、四、五名といったところでしょうか。

色々考えた末決めたのが、オランダのヨハン スーベラインさんから送っていただいた スロバキアの版画家故アルビン ブルノフスキーさんのオリジナル版画3葉が入った豆本『PISEN PISNI』の製本を、大家さんにお願いすることとしました。武者さんに聞くところによると、大家さんは個人的な製本依頼は受け付けないということでしたが、思い切ってお願いしたところ、快く引き受けていただきました。どのくらいの期間で出来上がったのか、今では忘れてしまいましたが、とにかくかわいくて、そして素晴らしい本として出来上がってきたのでした。はがき半分ほどの小さい本ですが、丸背のコーネル装で、用いられている革とマーブル紙の色は、挿入されている銅版画のインクの色に合わせたモスグリーンです。見返しは小豆色の絵具の流れに大小の灰色の玉が浮かんでいる模様のマーブル紙で、何ともいえない不思議さを感じさせてくれます。その下には、よく見ないと気付かないほど小さく「OHIE」と製本家の名前が入っています。これが私が初めて作っていただいた記念すべき本でした。2003年秋東欧旅行でスロバキアはブラチスラバを訪れた際、この本を持参しブルノフスキーさんの奥さんに見せたところ、「なんて素晴らしい本なんでしょう。私欲しくなって来たわ!」と、とても怖いことを言いながらも絶賛していただきました。私の自慢のルリユール第1号となりました。

近藤理恵さんとお会いしたのは、2000年6月の「東京製本倶楽部ルリユール展〈美しい本〉」会場の北沢ギャラリーでした。たくさんの素晴らしい作品が展示されている中を、時間を掛けてじっくり見ていましたところ『須永朝彦小説全集』が目に入りました。顔を近づけてまじまじと見入っていますと、この作品の製本家と思しき人が近づいてきて、丁寧に説明をしてくれました。後で知ったのですが、この方が近藤さんでした。

近藤さんとは後日、ひょんなところで再会することとなりました。大晦日の夜、大家さんの家に本好きが集まり、大家さんの手料理を肴にお酒を飲みながら歓談するという会があって、私も最近参加させてもらっています。2002年の大晦日に近藤さんもその会に出席され、1年半ぶりの再会を果たしました。歓談しているうちに、近藤さんにルリユールをお願いすることとなりました。

本は西村亡月王作品集『蛇蝎』です。この本は、いつか誰かにルリユールしてもらおうと、未製本の状態で西村さんから頂いていました。この本をルリユールするに当たっては、西村さん、近藤さんと私の3人が新宿の喫茶店「滝沢」に何回も集まって「あ〜でもない、こ〜でもない」と何度も議論しながら、表紙の皮の色や肌合いや種類、表紙のデザイン、糸の色等を決め、表紙と裏表紙には西村さんの鉛筆画作品のイメージを表す血管状の盛り上がりを作り、さらに西村さんのオリジナル鉛筆画を巻頭に入れ、これまたかなりの期間を要して出来上がりました。この本はまさに3人のコラボレーションの結果といったところでしょうか。これには作家西村さん本人も大いに気に入り、自分も1冊手元に置いておきたいようなそぶりでした。後日、2005年10月彼の個展会場にこの本を持参したところ、西村さんの希望が大変強いことから、近藤さんにもう1冊ルリユールしてもらうこととしました。今回は、西村さんと近藤さんとのコラボレーションとなります。

このようなコラボレーションの面白さは本好きには堪えられません。癖になりそうでコワイという感じです。その後、近藤さんには小川国夫著『藤枝静男と私』、北辻良央著『独楽』、鹿鳴荘刊『R』、山本芳樹著『エロス幻想』等のルリユールをお願いしています。これらの本の中には、坂東壮一さんの手彩色蔵書票を挿入してもらっているものもあります。こうして私のお気に入りの本が次第に増えていくことは喜ばしい限りです。

現在進めているのが、マンディアルグ作・生田耕作翻訳・アルフォンス イノウエ挿絵『満潮』のルリユールです。これは本文中挿絵のオリジナル銅版画5葉のほかに、1974年発行当時、挿絵以外に『満潮』用として井上さんが制作しておられた8葉を加え、さらに肉筆彩色絵とコラージュを各1葉のほか、本文余白に井上さんの直筆絵もいれたもので、かなり内容が豪華な本になりそうです。この本のために井上さんに作っていただいた銅版画手彩色蔵書票が巻頭を飾るのはもちろんのことです。この企画は3年以上前に大家さんに相談し、色々助言を頂きながら準備を進めてきたもので、ルリユールはもちろん大家さんにお願いしています。2006年末には完成する、というお話ですので、大いに楽しみにしているところです。

このほか、柄澤齊さんと岡田隆彦さん共著の詩画集『植物の睡眠』、新潮社版 A. デューラーの『黙示録』、A. ブルノフスキーさんのオリジナル銅版画集『SNY』、アルフォンス イノウエさんの『ベル・フィーユ』など、ルリユールを待っている作品がたくさんあります。『ベル・フィーユ』は2003年発行元の奢灞都館から未製本を2部分けて頂き、アルフォンス井上さん用と私用を作ることにしました。手彩色蔵書票や肉筆画のほか中表紙や各章の前にオリジナルの版画を綴じ込んだかなり豪華な内容となります。この企画をアルフォンスさんに話して同意を頂いて既に2年半が過ぎようとしていますが、少しずつですが準備は整いつつあり、間もなく材料が揃うでしょう。その後は製本家にすべてお渡しして、ルリユールしてもらうだけとなります。1冊のルリユール本が出来上がるのに、なんと長い時間がかかることでしょうか。しかし自分が納得するような本を作ってもらうには、根気が要ります。短気ではこのような贅沢は出来ないと思っています。

今日もまた、あのビデオを見てしまいました。1996年12月22日、NHKで放映された日曜美術館「書物のユートピア・美しい本を求めて」です。今や伝説となっているような本に関する話や直接手に取って触りたくなるような、あるいは自分の書棚に飾っておきたいような美しい本、限定本がたくさん出てきて本好きには堪えられない番組です。
このビデオを、これまでに何回見たことか。限定本の世界については、この番組の中で柄澤さんが「限定本とは人知れず作られて、人知れず人の手に渡る陰湿な世界と思われているが、自分の手で自分が所有し、自分がめくる喜びというものを知らない人には所詮無縁の世界である」とお話しされ、さらに東京製本倶楽部会報第24号と第25号でも詳細に述べておられます。

私にとっての限定本は嗜好品です。柄澤さんの「……もっともっと本キチガイよ出でよ。……」のアジテーションに応えて出てきたわけではありませんが、本が好きで好きで堪らなくなってしまったのですから仕方がありません。なぜ本が好きなのか、なんてバカな質問はしないで下さい。本を好きになるのに理由なんて必要ありません。理屈抜きに私は本が好きなのです。しかし、奥さんから文句ばかり言われている大の本好きが、そのしつこさに堪忍袋の緒が切れて、「お前は文句ばかり言うけれど、本は一言も文句を言わない」と言って離婚した話がありますが、私はいまだ未熟者でそこまでの境地には達していません。家族のために働くと同時に、本のために働くことが、私の現在の生き甲斐なのです。これからもルリユールの世界を満喫していきたいと思っています。

江副 章之介

初出『黄金の馬車』Vol.12啓祐堂 2006